Metal Titans

No matter where you are in Shiwa, it seems, you can find a signal for your cell phone. Gone are the days of spotty reception, dead zones, and good excuses to hang up on bothersome people.

“I’m sorry. I’m in Sahinai and you’re breaking up.” Click.

The reason: cellphone towers are everywhere. They join the massive high-power electrical transmission towers that climb the mountains in making it seem as though humanity’s answer to the designs of the forest is metal titans.

Given their surroundings, the towers seem otherworldly. Like me at a party, they do nothing to blend in. Like daggers stabbed in the earth, they’re anything but organic. Like jungle gyms for giants,  the electrical towers are so massive they can be seen from far away. Like strangely narrow satellite dishes, the cell phone towers point towards the sky.

No wait. Forget that last simile. I can’t pass a cell phone tower standing above a forest without picturing a watchtower from the rebel base on Yavin 4.

In any event, they’re everywhere, keeping every part of Shiwa connected. For better or worse.

 

 

金属の巨人

紫波のどこへいても、どうやら携帯電話の電波は届いているようだ。むらのある受信状態や全く届かないエリア、煩わしい人からの電話を切る言い訳の日々は過ぎ去った。

「ごめん、いま佐比内にいるんだ。よく聞こえないよ。」ガチャ。

理由:携帯電話の電波塔は至る所にある。それらの仲間は巨大な高電圧送電塔で、山へ登るその姿は、森のデザインに対する人類の答えは金属の巨人だと言わんばかりだ。

周囲の環境と比べると、塔は異世界のもののように見える。宴席での僕のように、溶け込もうとしない。地面に刺さった短剣のように、生物とは程遠い。巨人用のジャングルジムのように、送電塔はとてつもなく大きいため、遠くからでも見える。妙に狭いパラボラアンテナのように、電波塔は空を向いている。

ちょっと待った。最後の喩えは忘れてほしい。森の上にそびえる携帯の電波塔を通り過ぎる度、ヤヴィン第4衛星の反乱同盟軍の見張り塔を思い浮かべずにはいられない。

とにかく、塔は至る所にあり、紫波の随所をつないでいる。良い意味でも悪い意味でも。

Chestnut Tribbles

In the past five years, I’ve developed a sense of familiarity with changes that accompany the seasons, not only because I’ve adapted to my new home, but also because it brings the most surprising parts of me to the surface.

For example in autumn, burs on chestnut trees all over town start to turn brown. Growing up, I’d never seen this before, but now when I see these porcupine like fruits weighing down branches or accumulating in communities on the street or in the grass at the foot of the trees, I feel an odd sense of nostalgia. 

Green, they belong to the scenery as any other fruit or plant part or weed, but when they turn brown, the chestnuts look a world apart from the trees that created them, animal like yet alien.

Only gradually did I realize why they seemed familiar. From a distance they look as furry and warm as Star Trek tribbles-seemingly unable to move and without hint of how they got there. Yet they are always mysteriously procreating, becoming a danger by their sheer number alone. They’re but slightly useful (certain dishes use them), yet consoling. I can almost imagine them purring.
栗のトリブル

過去5年間で僕は、季節に伴う変化に慣れ親しむ感覚を覚えた。それは新しい故郷に順応しただけでなく、自らの最も驚くべき部分が表出するからだ。

例えば秋に、町中の栗の木の毬が茶色に変わり始める。僕が子供の頃には見たことのない光景だが、ヤマアラシのような果実の重みで垂れ下がる枝や、道や木の根元にコミュニティのように堆積しているところを見ると、奇妙な懐かしさを覚える。

緑色の時は、他の果物や植物や雑草などと同様に景色に溶け込むが、茶色に変わると、育った木とは別世界の動物のような、それでいて異質な物のように見える。

徐々にではあるが、なぜ見覚えがあるのかが分かった。遠目には、スタートレックのトリブルのように、柔らかな毛に包まれ暖かそうに見える。一見したところ、動くこともできず、どうやってここに来たのかの手掛かりすらない。それらは不可解にも繁殖し続け、その数だけをとっても脅威となる。少しは役に立ち(特定の料理に使われる)、それでいて心を和ませる何かがある。それらがゴロゴロと甘えた声を出すのが想像できそうだ。