Slow Motion Change

Shiwa is in a state of change, but it’s a slow motion change. One that’s been going on for more than a generation. The agricultural sector is shrinking, and in the central part of town, the part sprawled along national highway Route 4, fields are being replaced with housing developments. Given the difficulty of freeing land resources and the established tradition of close quarter living, these new neighborhoods are as packed as the old business district.

The houses are nothing like the suburbs from my childhood in Colorado. They have just enough space between them for a car or two and no yards. Asphalt and gravel cover the ground from the street to the doors. The soil beneath is so fertile that despite these efforts weeds still push up in unlikely places.

This may be ideal for commuters who use Shiwa for a bedroom, but the newly confined space reduces the green and shrinks the sky.

スローモーションの変化

紫波は変化の過程にあるが、その変わり方は緩やかで、一世代以上続いている。農業分野は縮小しており、町の中央部である国道4号沿いに不規則に広がった地域では、田畑が宅地に取って代わられている。土地資源の解放が難しいことと、密接した住環境という深く根付いた伝統によって、新しく開発された住宅地も歴史ある商業地区同様に混み合っている。

ここの住宅は、僕が幼少期を過ごしたコロラドの郊外とは全く異なる。家と家の間には車1、2台分の空間しかなく、庭もない。前の通りから玄関に続く地面はアスファルトと砂利に覆われている。土壌がとても肥沃なため、このような対処をしても、雑草が思わぬ所から押し出てくる。

紫波を寝室と見なす通勤者にとっては理想的かもしれない。しかし、この新しく押し込められたような空間では、緑が減り空は狭くなる。

Advertisements